村田浩さんのカップ
577a21c910031571f10008c7 577a21c910031571f10008c7

村田浩さんのカップ

¥3,250 税込

送料についてはこちら

村田浩さんのカップ 益子で柿釉(かきゆう)赤子(あかこ)と呼ばれる赤茶色の鉄釉と、藁灰釉の掛け分けのカップ。白が冴え冴えとしています。 村田さんのカップは、本体と持ち手がお互いのために存在しているかのようなカタチ、民芸とゆう言葉がすんなりとくる美しさです。 大柄で大きな手の作り手・村田浩さん。力強い作りで、轆轤技術の確かさと作りの豊かさを感じさせてくれます。益子の土と釉薬を使い、生活の中にいきる陶器を作り続ける村田さんなのです。 ※手づくりのため、寸法・色味等一つ一つ若干の違いがございます。予めご了承ください。 素材:陶土 サイズ:本体 W 約90mm ×H 約80mm(持ち手を除く) 村田浩(栃木県・益子町) 1943年東京に生まれる。44年から栃木県益子町に移住、現在の益子の礎を築いた陶芸家の一人・村田元を父に持ち小学校低学年から蹴ロクロをまわし、67年 東京工業大学を卒業後、父の下で修業する。77年に登り窯を築窯し独立。栃木県・東京都にて個展多数。